今回は少し緩い内容です。

 

A8やバリューコマースなどのASPを介した契約を「アフィリエイト」、

企業と直接契約するものを「直契約」と表現しました。

 

どちらがお得なのでしょうか?

 

私はこれまでアフィリエイトを毛嫌いしていました。

 

アフィリエイターが嫌いなわけではなく、

アフィリエイトという仕組みが嫌いでした。

 

その理由は、以前の記事

「アフィリエイトを開始3ヶ月で見切って成功した理由」

アフィリエイトを開始3ヶ月で見切って成功した理由

 

に詳しく書いていますが、

・ある日、突然、契約単価が変更される、あるいは

・ある日、突然、契約が休止・終了させられる

ことがあるからです。

 

広告主の一方的な要求を全て飲まないといけないんですよね。

 

なので、私の場合は、早々にアフィリエイトに見切りを付け、

直契約にシフトしました。

 

ですが、ここ最近、やはりアフィリエイトって「楽」だなと思い、

またアフィリエイトを試そうと考えています。

 

この機会に思うことを書き下ろしてみました。

まずは直契約についてです。

 

直契約は対等な関係が魅力!

直契約は、なんといっても広告主と対等な関係性が魅力です。

 

直契約

 

アフィリエイトの弱点である突然の単価変更、契約終了に対して、

しっかり予防線を張ることができます。

 

契約を締結する段階で、単価にせよ、契約そのものにせよ、

更新のタイミングを設定しておけば良いだけです。

 

例えば、

「契約は半年単位で自動更新する、解約する場合は更新の2か月前までに申し出ること」

と契約書に謳っておけば、

「ある日、突然・・・」

なんてことは発生しません。

 

仮に解約の申し出があった場合も、

実際に解約するまで数か月は時間があるので、

その間に他のスポンサーを探すことができます。

 

また、解約に至った理由を広告主に直接聞くことができるので、

それに対して解決策を提案すれば、解約を思いとどまってもらうこともできます。

 

メリットは上に紹介した記事にも書いていますが、

  • 突然の単価変更(減額)に対抗できる
  • 突然の契約終了・休止に対抗できる
  • 広告主と交流を深めることができる
  • 業界情報をいろいろと教えてもらうことができる
  • 現場の声を拾える
  • ASPが扱っていない業界の場合、アフィリエイターと競合しない。

など、多数あります。

 

一方で、契約を締結するまでが大変です。

契約を結ぶためには、まずは先方にメリットを感じてもらわなければいけません。

 

よほど名前が売れているような人でもなければ、

「広告料として月●万円ください」

といって、すぐにくれるような中小企業はまずないでしょう。

 

そうなると、メリットを感じてもらうために、

1ヶ月なり数か月は無料でサービスを提供しなければいけません。

 

そのうえで、先方がサービスを継続したい、と思うのであれば、

いくらまでなら報酬を支払えるか、

といった契約交渉になります。

 

あくまでも、先方がサービスを継続したい、と思った場合だけの話です。

 

要するに、有料でサービスを受けてもらうまでの準備期間が長いです。

準備期間が半年に及ぶことも珍しくありません。

 

具体的な営業方法については、以前の記事

「アフィリエイトから脱却するためにすべきたった1つのこと」

アフィリエイトから脱却するためにすべきたった1つのこと

 

に書いていますので、参考にしてください。

 

デメリットとしては、

  • 契約を締結するまでの準備期間が長い
  • 毎月の請求書発行や入金確認などの事務手続きに時間をとられる

ことなどが挙げられます。

 

また、最近、顕著なのが、

多くのSEO会社やリスティング会社が中小企業に執拗な営業攻勢をかけた結果、

電話営業の敷居が年々上がってきています。

 

知り合いの経営者は、

「毎週のように複数の会社から営業電話があり、うんざりしている」

と言っていました。

それは確かに拒否反応を示しますよね。

 

一方、アフィリエイトはどうでしょう?

クリック一つで契約締結できるのが魅力!

もう魅力はこれにつきます。

営業電話不要、契約交渉不要。

クリック一つで契約が締結できてしまうのが魅力です。

 

もちろんASPが間に入ることで、

最低でも3割ほどはマージンを抜かれているかと思われますが、

そこをどうとらえるかはその人次第。

 

冒頭にあげたような突然の単価変更・解約などのデメリットもありますが、

複数の会社が、同様のサービスをASPから提供しているのであれば、

単価が下がっても別のサービスに乗り換えればいいだけの話です。

 

そういう意味では、車の一括査定などは、

複数案件あるので、安泰といえば安泰ですね。

 

ただ、アフィリエイト案件として誰でも取り組むことができるので、競合は多いです。

 

以前は、

「アフィリエイトから直契約にシフトする人がもっといてもいいのでは?」

と思っていました。

しかし、昨今の営業の敷居が年々上がってきていることを考えると、

アフィリエイトってやっぱりありかなと思い直しています。

 

皆さんはいかがお考えでしょう?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ツイッターやっています。もしよかったら、フォローしてください。